オフィスご縁堂の神谷純のマットレスベッドについての情報室

オフィスご縁堂 マットレスベッド研究室

この度は当サイトにお越しいただきありがとうございます。

オフィスご縁堂ベッド研究所所長の神谷です。

 

当サイトは、マットレスベッドに関する便利な情報やヒントを紹介しています。

 

ズバリ言いますと、

「ベッドにあまりこだわりがないのなら『マットレスベッド』がとてもおススメ」

ということです。

 

マットレスベッドとは

マットレスベッド

マットレスベッド

 

マットレスベッドとは、マットレスとベッドフレームが一体化していて、そのフレームに足を付けたベッド。

 

まさにシンプルと言えるベッドです。

 

マットレスベッドのメリット

メリット

 

収納ベッドのメリットは、

省スペース

価格が比較的安価

ベッドの組立てがカンタン

移動がカンタン

ベッドの廃棄なカンタン

といったメリットがあります。

 

マットレスベッドは、省スペース

マットレスベッドは省スペース

マットレスベッドは省スペース

 

マットレスベッドは、省スペース性は抜群。

 

マットレスベッドにヘッドボードや棚はありません。

フレームがないから、マットレスの大きさがそのままベッドの大きさになります。

 

一人暮らしで選ぶ賃貸物件は十分な広さを確保できない場合が多いですね。

そんな、コンパクトなお部屋にすっぽりはまるベッドが、マットレスベッドです。

 

マットレスベッドは、価格が比較的安価

倹約

マットレスベッドは、ステーションタイプベッド、収納ベッドなどと比べてもとてもリーズナブルな価格。

 

ベッドの購入が必要になるのは

とてもお金がかかる、引っ越しのとき。

何かとお金がかかる、入学シーズン。

が多いですよね。

 

そんなお金がかかるときに、マットレスベッドは3万円位で購入できます。

探せば、もっとお求めやすい価格でも。

 

マットレスベッドは組立てがカンタン

マットレスベッドは構造がシンプルだから組み立てがカンタン

マットレスベッドなら、構造がシンプルだから、組立がカンタン。

 

多くの家具は、組立が必要。

ベッドも例外ではありません。

 

ベッドを買うというのは結構うれしいことなのですが、送られてきたとき組立てなければならないというのはかなり面倒。

 

でも、マットレスベッドなら、そんな面倒もありません。

マットレスを部屋に運んで、脚をマットレスについたフレームにくるくると回しながら設置するだけ。

 

ベッドの組立設置をお願いすればカンタンということもありますが、他人を部屋にあがりこませることになるので、それを避けたい女性も多いでしょう。

一人で、ベッドの組立てができるのなら、それに越したことはないですね。

 

マットレスベッドは移動がカンタン

マットレスベッドは移動がラクラク

マットレスベッドは移動がラクラク

ベッドを購入すると、基本的にあなたの家やお部屋にお届け問ことになります。

そのお届けは玄関まで。

だから、最初の試練は、玄関からお部屋までベッドのパーツを運ぶ必要があります。

 

マットレスベッドなら、大物はマットレスだけ。

後のパーツは運ぶのにそれほど大変なことはありません。

 

もし、マットレスを運ぶのも困難・・・と言う場合は、分割タイプのマットレスベッドにすれば、マットレスを半分ずつ運ぶことができます。

 

マットレスベッドは、廃棄がカンタン

マットレスベッドはベッド廃棄型のベッドよりもカンタンです。

 

他のタイプのベッドは、廃棄するときにフレームとマットレスを別々に粗大ごみに申し込まなければいけません。

 

しかし、マットレスベッドならマットレスだけ。

脚は、木製なら普通ゴミ、金属製なら燃えないゴミに出すことができるでしょう。

 

ベッドフレームを粗大ごみ引き取り所にもっていくのも大変。

マットレスベッドなら、マットレスだけです。

 

神谷純
ベッドの廃棄時には、各自治体の粗大ごみのルールを確認して、ルールに従って廃棄してください。

 

マットレスベッドのデメリット

デメリット

収納ベッドのデメリットは、

マットレスの寿命がベッドの寿命になる

ベッドの棚がない

マットレスの選択肢が狭い

ということがあります。

 

マットレスベッドはマットレスの寿命がベッドの寿命となる

 

「マットレスベッドはマットレスの寿命がベッドの寿命となる」と言うのは、その言葉通り。

 

ステーションタイプベッドなら、マットレスがヘタって来たら、マットレスだけ交換、ということもできます。

しかし、マットレスベッドはそういうわけにはいきません。

 

マットレスベッドは棚がない

マットレスベッドには、基本棚がついていません。

 

メガネをかけた方、枕元でスマートフォンを充電したい方などは、ベッドに棚がついていないといろいろ不便かもしれません。

 

マットレスベッド用に棚を別途購入することも考えられますが、だったら、最初から棚付きのベッドを選んだ方がいいと思います。

 

マットレスベッドは、寝心地の選択肢が少ない

マットレスベッドは、多くの場合がボンネルコイルマットレス一種類、ポケットコイルマットレス一種類くらいの選択肢しかありません。

 

ステーションタイプベッドや収納ベッドだと、ブランドの高級マットレスの選択肢が用意されているベッドが多くあります。

 

寝心地に拘りたい方には、マットレスベッドは向いていません。

 

マットレスベッドがおススメな方

では、マットレスベッドがおススメな方とはどんな方でしょうか。

部屋がコンパクトで、省スペースなベッドが必要な方

部屋が狭い方は、省スペースなベッドを選ぶことが多いでしょう。

マットレスベッドはそんな方にピッタリです。

 

予算を抑えたい方

他のタイプのベッドに比べて、リーズナブルな価格で手に入るので、コストを抑えたい方におススメ。

 

例えば、引っ越しの時や子供の入学などのイベントのとき、ベッドを含めたトータルコストの削減の助けになります。

 

ベッドの組立てや移動に自信のない方

結構、ベッドの組立を面倒に思う方は多いので、そんな方にマットレスベッドはおススメです。

 

部屋のインテリアをちょくちょく変える方は、そうそう多くはないと思いますが、もしそんな方がいたら、その方にもおススメですね。

 

最後に

ベッドにマットレスベッドを選べば、

コンパクトな部屋でもベッド生活をおくれる可能性が広がります。

ベッドの組立てがないので、一人暮らしのスタートがよりスムーズになります。

ベッドの移動が楽にできて、部屋の模様替えがより楽しくなります。

 

ベッドにいろいろ利便性さ快適さを求める方にマットレスベッドは向いていません。

 

一方、「ベッドは眠れればいい」と考えている方には、マットレスベッドはかなりいい選択だと思います。

 

若い方がベッドを購入するときには、マットレスベッドからチェックしてみるのはいかがでしょうか。

Copyright© オフィスご縁堂 マットレスベッド研究室 , 2019 All Rights Reserved.