ネットショップでのベッド販売歴5年以上のオフィスご縁堂店長のベッドに関する便利な報告集

オフィスご縁堂 ベッド研究所

ベッド一般

予算を抑えたい時に嬉しいエントリークラスのベッドとは?

投稿日:

こんにちは、オフィスご縁堂ショップグループ店長の神谷です。

 

当ショップでは、価格を主にしたベッドのクラスを

エントリークラスベッド

ロークラスベッド

ミドルクラスベッド

ハイクラスベッド

と分けています。

 

そこで、

「エントリークラスのベッドとは具体的にどのようなベッドか」

ということをご紹介します。

 

エントリークラスのベッドとは

エントリークラスのベッド

エントリークラスのベッド

エントリークラスのベッドとは「約1万円~3万円以内、期間限定で長く使うつもりはないベッド」としています。(シングルサイズを想定)

 

マットレスも、ボンネルコイルマットレスがメインとなります。

ベッドによっては、マットレスではなく、布団を敷いて使うことも。

 

ベッドの種類としては、

・パイプベッド

・フロアベッド

・マットレスベッド

といったところになります。

 

エントリークラスのベッドのメリット

メリット

エントリークラスのベッドのメリットは

価格が安い

組み立てがカンタンなベッドが多い

重量が比較的軽いベッドが多い

ということがあげられます。

 

最大のメリット『価格が安い』

エントリークラスのベッドの最大のメリットは、

『価格が安い』

ということです。

 

トータルの引っ越し費用を抑えたい。

子供の入学にかかるコストを安くしたい。

素直に、お金がないけどベッドが欲しい。

 

というときにはエントリークラスのベッドを検討してみてはいかがでしょうか。

 

エントリークラスのベッドは「組立がカンタン」

次のメリットは、エントリークラスのベッドの多くは組み立てが比較的カンタン、ということを上げることができるでしょう。

 

ベッドの機能がほとんどありませんので、ベッドのパーツの数が多くありません。

 

引越しの時などは、ベッドの組立は大変な作業。

そんな作業を軽減したい時にもエントリークラスのベッドはベッドは便利です。

 

ベッドのが軽いから、「移動がカンタン」

エントリークラスのベッドは、部品が多くありませんから、比較的重量が軽くなります。

 

部屋の模様替えをよくやる方には、ベッドが軽くて移動しやすいことは大きなメリット。

 

徹底的に掃除をするときにも、ベッドをカンタンに移動できるので、ベッドの下まで掃除をするのが容易になります。

 

エントリークラスのベッドのデメリット

デメリット

エントリークラスのベッドのデメリットは、

耐久性に劣る

機能に劣る

安っぽいデザイン

といったところです。

 

耐久性に劣る

エントリークラスのベッドは価格が安いために、耐久性に劣ります。

 

ベッドの耐久性を判断する目安の一つに、耐荷重性があります。

しかし、エントリークラスのベッドでは、耐荷重性が明記していないものもあります。

 

それなりの価格のベッドのフレームは、使い込んでいくうちにフレームの外側にキズや汚れがついて、見栄えは悪くなるかもしれません。

でも、脚が折れたり、フレームが外れたりということはあまりありません。

 

一方エントリークラスのベッドでは、あちこち痛んでくることがあります。

 

長く使うことが前提の場合は、エントリークラスのベッドはおススメできません。

 

機能に劣る

エントリークラスのベッドは機能に劣る・・・と言おうかほとんど寝る以外の機能はありません。

 

例えば、

スマホの充電がしたいから、コンセントが欲しい。

夜中起きたときに便利なベッドライトが欲しい。

ベッドの下に、収納機能が欲しい。

といったことを、エントリークラスのベッドには望めません。

 

このような機能がないから、価格が安いのです。

 

安っぽいデザイン

エントリークラスのベッドはデザインが安っぽいです。

 

これはしょうがないですね。

エントリークラスのベッドのデザインに回す予算はありません。

 

ただ、ベッドって他人に見られることが少ない家具です。

お客さんが来ても、寝室まで見せないでしょう。

 

「シンプルなデザインが好きだ」という方には、エントリークラスのベッドのシンプルさに魅力を感じるのではないかと思います。

 

エントリークラスベッドのサンプル

では、エントリークラスのベッドとはどんなベッドがあるでしょうか。

具体的に紹介していきます。

 

パイプベッド

パイプベッド

パイプベッド 【シングルサイズ】 本体 梨地仕上げ加工/補強パイプ入り 価格円(税込)

 

エントリークラスのベッドの一つにパイプベッドがあります。

 

ご覧の通り、価格も安く、今使っている敷布団を使えばリーズナブル。

マットレスの方がお好みの方は、ボンネルコイルマットレスなら、1万円台でもお求めになれます。

マットレスベッド

マットレスベッド

マットレスベッド 2分割式 ポリエステル素材(シングルサイズ) 価格円(税込)

 

エントリークラスのベッドの一つにマットレスベッドがあります。

 

マットレスベッドは、マットレスに足をつければ完成という、とっても組立がカンタンなベッド。

 

ボンネルコイルマットレスのマットレスベッドなら、価格控えめです。

 

マットレス分のスペースしかとらないという、省スペースさもうれしいポイントです。

 

ただ、マットレスの寿命がそのままベッドの寿命になってしまうところが気になるところですね。

 

フロアベッド

フロアベッド

宮付き コンセント付き すのこ仕様 フロアベッド【Breeze】ブリーズ(シングルサイズ、ボンネルコイルマットレス) 価格円(税込)

 

エントリークラスのベッドの一つにフロアベッドがあります。

 

フロアベッドは、そのスタイルの良さから若い方に人気があります。

 

脚がないので、組立も比較的カンタン。

 

このクラスだと、コンセントは付いていないことが多いのですが、探せば棚・コンセント付きも見つかります。

 

フロアベッドなだけに、

ベッド下を収納として使えない

ベッド下に空間がないので、マットレスが湿気やすい

というところが、気になるところでしょうか。

 

エントリークラスのベッドをおススメする方とは

女子大生

エントリークラスのベッドをおススメするのは、こんな方です。

お子さんが、中学・高校になるころの1台目のベッドを購入しようと考えている方

大学や専門学校に通うために一人暮らしを始める方

短期の単身赴任を命ぜられた方

 

購入するベッドを使用する期限がある程度、限定されている。

なるべく費用をさえたい時には、エントリークラスのベッドです。

 

最後に

エントリークラスのベッドのベッドは、とってもシンプル構造。

 

エントリークラスのベッドなら

引っ越し時の費用を抑えることができます。

入学時にかかるトータルコストを少なくすることができます。

必要なくなったら、廃棄するときの躊躇も少なくなります。

 

「寝られればいい」

「安ければいい」

と割り切った考えでエントリークラスのベッドを検討するのがいいと思います。

-ベッド一般

Copyright© オフィスご縁堂 ベッド研究所 , 2019 All Rights Reserved.